資産運用マンのブログ

このブログは、ドラマのネタバレ考察や感想、キャスト相関図、俳優、女優についての情報を発信していくブログです。

ドラマ 失恋ショコラティエ 最終回 あらすじネタバレ エレナ爽太刺す 紗絵子妊娠吉岡と復縁 薫子関谷破局 結末を考察

2020年6月25日(木)15時50分から放送される嵐の松本潤さん主演ドラマ「失恋ショコラティエ」最終回のあらすじ ネタバレ についてご紹介します。

 

爽太の恋の相手は紗絵子なのか、エレナなのか。

そして、薫子と関谷はどうなってしまうのか。

 

 ※誤って今回のドラマ「失恋ショコラティエ」のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

 

www.instagram.com

嵐公式インスタより。主題歌「Bittersweet」が発売された2014年。

ちなみにこの曲の振り付けは大野智さんが担当されています。

 

広告

 

目次

ドラマ「失恋ショコラティエ」相関図

失恋ショコラティエの相関図を作ってみました。

誰が誰を好きなのか、誰と関係があるのか整理してみたい方はご覧ください。

  

stock-money-asset.hatenablog.com

 

ドラマ「失恋ショコラティエ」最終回あらすじネタバレ

 

 ショコラヴィにエレナ(水原希子)がやってきて、ナイフで爽太(松本潤)の腹を刺す。

しかしこれは爽太の恐怖心から生まれた妄想だった。

実際には、エレナは爽太に告白し、ショーのチケットを渡す。

その後、リクドーに行ったエレナは一部始終を六道(佐藤隆太)と関谷(加藤シゲアキ)に話す。

ここで、関谷の失言から、ついにエレナの相手が爽太だということが六道にバレてしまう。

 

一方、紗絵子(石原さとみ)に恋の指南を受ける薫子(水川あさみ)は、関谷をデートに誘うメールを送る。

そして、なぜ吉岡(眞島秀和)と結婚したのかと問いかける。

紗絵子は、自分の人生設計を考えた結果、タイミング的に吉岡が結婚相手として理想だと思えたからだという話をする。

良いところばかりじゃなくて嫌いなところもあるけど、そういう「相手の毒を浴びる」ということが結婚には付き物なのかなと思った、ということだった。

 

ショコラヴィでは、爽太が、新作のインスピレーションが全く湧かなくなってしまったことに苦悩していた。

そんなとき、帰宅した紗絵子が倒れてしまう。そして、妊娠していることを爽太に告げる。

さらに、お互いに幻想の中の相手に逃げ込んではいけない、現実を見て、あるべき場所に戻らなきゃいけない、だから吉岡のところに帰る、と爽太に話し出て行ってしまう。

ショックを受けた爽太はショコラヴィを休業する。

 

紗絵子のお陰で関谷といい感じでデートをする薫子。

関谷の家に誘われるが、直前で思い直し、ショコラヴィに向かう。

後日、紗絵子とミュージカルを見た薫子は、吉岡とよりを戻した話を聞き、爽太がショコラを作るのを止めてしまったことを話す。

チョコバーが食べられないのは残念だけど、爽太のところに逃げるのは辞めにすると紗絵子は答える。

 

爽太はテレビで話題のショコラ店を訪れ、偶然、六道と会う。六道から活を入れられた爽太がショコラヴィに戻ると、薫子とオリヴィエ(溝端淳平)がお店をオープンさせていた。

薫子は、爽太への想いをついに告白。同時に、紗絵子のことを諦めないで紗絵子のためにショコラを作ってほしいと頼む。それが爽太のショコラにインスピレーションを復活させる唯一の方法だと話す。

そして、爽太はついに紗絵子のためのチョコバー作りを再開する。

 

完成したチョコバーを紗絵子に渡し食べてもらった爽太は、出来が良くないことはわかっているけど、今の自分にはこれが精いっぱいだと話す。

これからは紗絵子への想いをインスピレーションに活かすことは辞めて、自分の力だけで一流のショコラティエになれるように努力する決意を明かし、紗絵子への感謝と別れを告げる。

お互いに自分の気持ちを整理した二人はその場を離れ、爽太は「やっと失恋することができた」と心の中でつぶやく。

 

エレナに紗絵子とのことを話した爽太は、エレナからも関係を終わりにしようと告げられる。エレナとも、お互いに前に進もうと誓い合う。

 

それから数日後、爽太は海外へ旅立とうとしていた。

薫子はオリヴィエやまつり(有村架純)とショコラヴィを盛り上げていくことを誓う。

エレナは、爽太がいない中でもショーで堂々とした姿を披露する。

紗絵子は吉岡とショコラを選びながら、お腹の子どものことを幸せそうに語り合う。

爽太はショコラティエとしての道を歩んでいくことを決意する。



広告

 

 

 

ドラマ「失恋ショコラティエ」結末考察

結局、爽太の恋の相手だった紗絵子、エレナ、薫子の3人とも一緒にはならずに破局してしまいました。

 

別れ方もどれもスマートで、さすが松潤だなという感じです。

 

ここ数年のドラマ的には、エレナに刺され、紗絵子の子は爽太の子で吉岡との慰謝料問題に発展し、薫子がショコラヴィをめちゃくちゃにして失踪するくらいのことをやってみるというくらいのことが起こっても良かったんでしょうけど、そうはなりません。

 

まあ、エレナは相手が松潤じゃなかったら最初からセフレにはなってないでしょうから、別れも後腐れない感じですね。

 

紗絵子は、田中みな実的なにおいがすると思いました。

女性にとって、なりたい自分の理想像ではあるけど、紗絵子のことを褒める男は大嫌い、みたいな。

紗絵子が吉岡と復縁したのはいいコトだと思いますが、吉岡が暴力を振るうことがないか心配ですね。

ちなみに吉岡を演じた眞島秀和さんは、今やゲイ役俳優として人気が出ていることもあり、今見ると吉岡はゲイであることをカモフラージュするために紗絵子と結婚したのでは、と思えてくるような気さえしてしまいます。

 

薫子と関谷は交際にまでは発展しませんでしたが、二人の恋はまだ始まってもいないところだったし、薫子は紗絵子の助言によって、やっと恋愛について前向きに考えられるようになったところなので、後日、やっぱり交際するということになる可能性はありますよね。

 

広告

 

プライバシーポリシー お問い合わせ