資産運用マンのブログ

このブログは、ドラマのネタバレ考察、バラエティの出演者情報、話題の俳優、女優についての情報を発信していくブログです。

【2019年2月19日更新】都立中高一貫校塾別の合格者数まとめ ena・早稲アカ・SAPIX・栄光・日能研・早友・Z会

2019年の都立中高一貫校の学校別、塾の合格者数を比較、まとめてみました。

2019年2月19日更新
・栄光ゼミナール、Z会の合格者数が発表されましたので追加しました。
・四谷大塚の合格者数を追加しました。
・ena、早稲田アカデミー、SAPIX、日能研の合格者数を更新しました。

2019年2月14日更新 
・繰り上げ合格者を追加しました。
・早友学院の合格者数が発表されましたので追加しました。

2019年学校別・塾別の都立中高一貫校合格者数 比較表

学校名 定員 ena 早稲アカ サピックス 栄光 早稲進 日能研 早友 Z会 四谷大塚
小石川 160 57 46 37 25 - 16 4 4 22
白鷗 160 70 4 3 30 - 4 3 3 -
両国 120 35 5 2 25 - 6 30 6 -
桜修館 160 51 7 5 51 - 13 0 16 -
富士 120 71 3 2 23 - 5 0 8 -
大泉 120 69 1 3 24 - 8 0 4 -
南多摩 160 82 2 0 25 - 3 0 8 -
立川国際 160 93 6 1 18 - 2 0 7 -
武蔵 120 84 8 4 18 - 10 0 6 -
三鷹 160 100 10 1 29 - 4 0 13 -
九段 160 53 6 7 27 - 12 1 5 -


塾側から公式サイトにて発表された速報ですのでこれから情報が更新され次第、数字を追加していきます。

また、塾によって合格実績者数のカウント方式が違っていると思われます。
たとえば、通塾していなくても、何日以上の講習や模試を受けた子を生徒とカウントしている、とか。
なので、一人の子が二つ以上の塾で合格者数としてカウントされている場合もあります。

これらのことから、細かい数字については参考としてみる程度になるかと思います。

塾別合格者比較表からわかること

都立中高一貫校の専門塾であるエナ(ena)がほとんどの学校で合格者数1位を獲得しています。
それ以外では、都立御三家といわれる、小石川、桜修館、両国といったところが、大手進学塾の合格者がそれに次いで多くなっています。

早友学院が今回も実績数を伸ばしてきました。とくに、両国については29名ということで、合格者の1/4を占めることになります。

プライバシーポリシー お問い合わせ